2万円以上送料無料

Seis Acordes - Sample

¥660

Edition
Size
数量

Year launched: 2018
Collection: Colaboraciones

    Main Olfactory Family: Wood
    Secondary Olfactory Family: Wood

     

    Perfume Chord:

    Tonic note: Cypress
    Dominant note: Cedarwood
    Sub Dominant: Venetian Varnish

    As part of the Leonard Cohen exhibition at the Jewish Museum of New York, I was invited by Claudia Gould to create a perfume inspired by the work and life of the maestro.

    From all his poetry and genius available, I got struck by his thoughts describing his guitar:

    “I was compelled (...) to go and open my guitar. I have a Conde guitar, which was made in Spain... I pick up an instrument I acquired over 40 years ago. I took it out of the case, I lifted it, and it seemed to be filled with helium it was so light. And I brought it to my face and I put my face close to the beautifully designed rosette, and I inhaled the fragrance of the living wood. You know that wood never dies. I inhaled the fragrance of cedar as fresh as the first day that I acquired the guitar...”

    It was an immediate mandate that I had to recreate the scent of his guitar. By wonderful serendipity, in 2017 I visited the workshop of Felipe Conde to acquire one of his famed guitars. We’ve discussed the story of the woods he used, inherited from his grandfather and father, as family jewels. Most of these woods, as being myself a guitar builder when I was a young boy, were the first type of woods that I begin distilling when I started creating perfumes. Canadian cedars, Cocobolo, Spruce from the alps, specially Cypress from Spain, Cedar from Cuba and Argentina, plus the Venetian varnish made from exotic resins which will keep the right amount of humidity on the woods. All these elements create the fascinating identity of the guitar scent, which while being played and getting warmed by the body of the player, starts projecting its perfume through the music as air vibrations.

    I formulated and produced Seis Acrodes using the same woods found on Leonard’s guitar, it was not created as a perfume but as the representation of the scent of his music, and as a way for us to smell the same molecules he smelled while playing his Cypress guitar.

    ニューヨーク、ユダヤ博物館でのレナード・コーエン展のひとつとして、ジュリアンはキュレーターのクラウディ ア・グルードに招待され、巨匠コーエンの仕事と人生をインスパイアーしたパフュームをつくることになった。

    コーエンの詩や天才的な作品すべての中から、ジュリアンはコーエンのギターに描かれる思想に心打たれた。

    「私は、私のギターを開かなきゃならなかった。コンデ・ギターを持っていて、それはスペインでつくられたもの で、、、もう40年以上も前に手に入れた楽器を取り出したんだ。ケースから出して、持ち上げてみると、ヘリウム でいっぱいになっているようで、とても軽かったんだ。それで、ギターを顔の方に持って、美しくあしらわれたバラの飾りに顔を近づけたよ。私は、生きている木の香りを胸いっぱいに吸い込んだんだ。わかるでしょ、木は決して死ぬことはないんだ。ギターを手に入れた最初の日のようにフレッシュなシダーの香りを胸いっぱいに吸い込ん だんだ。」

    コーエンのギターの香りを再現することは、即刻の命令だった。すばらしい偶然により、2017年にジュリアンは フェリペ・コンデの高名なギターを入手するために彼の工房を訪れていた。コンデが使っていた木は家族の至宝と して祖父や父から受け継がれたものであるという話をジュリアンたちはしていた。それらの木の多くは、ジュリア ン自身が若かりし頃ギター製作者だったかのように、ジュリアンがパフュームをつくり始めたときに蒸留をはじめ た最初のタイプの木材だった。カナディアン・シダー、ココボロ、アルプスのスプルース、特にスペインのサイプ レス(イトスギ)、キューバとアルゼンチンのシダー、さらに木々の湿度を適度に保つエキゾチックな樹脂からつ くられたベネチアン・ニス。それらすべての要素がギターの香りの魅力的なアイデンティティを生み出す。ギター の香りは奏者がギターを演奏している間に身体が暖められ、空気の振動として音を通じて香りが放たれる。

    「セイス アコーデス」はレナードのギターと同じ木材を使いジュリアンが構想しつくり上げた。これは香水として 生み出されたのではなく、レナード・コーエンの音楽の香りを表現し、そして、彼がサイプレス・ギターを演奏し ているとき彼自身が嗅いだのと同じ分子を私たちがかおる方法として生み出された。

    店舗内検索