Equation - Dictionary

ジュリアン・ベデルの父は彫刻を学ぶために通ったCornell University(コーネル大学)で、天文学者であり作家のCarl Edward Sagan(カール・エドワード・セーガン)と出会い、宇宙や月の構成物質などについて学んだ。Carl Edward Saganの同僚であるFrank Drake(フランク・ドレイク)にはジュリアン自身も実際に会ったことがあり、多くのことを彼から学んだという。

その中でも特に興味を持ったのは、星雲を構成する分子は匂いを持っているということ。それは、”ギ酸エチル”と呼ばれるもので、ラズベリーやラムにも含まれる。「つまり星雲は、ベリーの匂いがするということなんだ。」と語った。
この作品は、Frank Drakeから学んだ”ツィオルコフスキーの公式”へのオマージュである。

大気圏外にある分子はカーボンと同じということから、燃えた木炭とラズベリーを感じる香りに仕立てた。

そもそもの始まりはジュリアンが8歳の時、クリスマスに祖父からもらった”ナショナル ジオグラフィック”だという。スクラッチすると匂いと同時に分子名が出てくるページがあり、そこで自然と人との交流は分子が土台になっているということを学んだ。
だからこそジュリアンは、「僕のフレグランスを使う人は僕から離れて、それぞれの知性と感性でもっと自由に受け止めて欲しい」と語っている。

 

関連Dictionary
関連製品