Dama de Noche - Dictionary

Dama de Noche(ダマ デ ノーチェ)は、銀座という街自体がインスピレーション。調香師ジュリアン・ベデルがメキシコで月下美人が咲く瞬間に出会ったときの貴重な体験と、銀座で出会った女性の記憶が落とし込まれている。

月下美人が香るのは、夜のほんの数時間。香りは一定ではなく動き、その構成はとても複雑で、まるでオーケストラのようだったとジュリアンは語った。メキシコで体験した香りを脳にレコーディングし、再生するために花のコンポジションの中でも特に強さを感じたイランイランとジャスミンを使用。

また同時に銀座での、ある女性との出会いが香りのインスピレーションとなった。その女性はとても強く奥ゆかしく、その美しさと複雑さがDama de Nocheの持つ香りの美しさにオーバーラップしている。

銀座というさまざまな輝きを発する地で、まだ誰も香ったことのないDama de Nocheの香りのシンフォニーが再生される。

 

関連Dictionary 関連製品